多様な 源泉正 [IZUMIMASA] 白鋼本焼 桜花鏡面仕上ふぐ引包丁 尺寸 (300mm)-柳刃包丁!!






【メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています】



【商品仕様】
鋼材白紙2号
構造本焼一枚鋼
仕上げ桜花鏡面仕上げ
水牛巻黒檀八角柄
全長約450mm
刃渡り約290mm
重量約170g
※※刃渡りは刃の長さを計測しています※※


まさに秀麗な逸品!!

抜群の切れ味の白鋼(シロハガネ)本焼仕様の包丁にハイレベルな鏡面、さらに美しい桜を映すことに成功しました。桜の模様は1本1本すべて異なります。

高硬度の本焼包丁ならではの究極の切れ味・・
水牛巻黒檀柄を挿げる事で、際立つ重厚感・・
カウンターでの調理においては、お客様の目を惹く圧倒的な存在感・・

一切の妥協を許さない熟練の職人によって作り上げられる本物の包丁は、使い手の拘りのセンスと高い技術が似合います。



ふぐ引包丁は、「てっさ包丁」とも言われ、ふぐの「薄造り」(てっさ)を造る為だけに使われるたいへん贅沢な包丁です。一見柳刃包丁に似たイメージもあるかもしれませんが、刃の幅は狭く、刃の厚みは極端に薄く作られていて、柄も細くとても軽いです。

ふぐの身は弾力があり引締まった肉質は、厚い切り身では噛み切れないほど硬いので、薄造りにする事でその旨みを堪能し美味しく食べる為に本来の包丁としての頑丈さをあきらめ、しなる程の刃の薄さと切れ味を最大限に引き出す事だけを追求した専門職包丁です。

他の包丁はある程度その重さ自体も利用して食材を切っていくのに比べ、ふぐ引包丁の場合は「薄さ」と「切れ味」そのものが求められることになります。包丁を寝かし刃の長さを使って一気にふぐの身を引き切りにしていきます。

大皿に描かれた絵が透けるほど薄く美しい花びらのように重ね並べられたふぐの身は見た目にも豪華で、刃先を使って一枚づつお皿に並べていく所作も含め、「芸術」の域と言えるでしょう。

てっさの薄さには地域によって違いがあるようで、関東では特に「透ける薄さ」を美しく良しとし、関西より西の地方では程よい身の幅と厚みがある方が旨みが楽しめると言われています。どちらにしても、てっさにはふぐ引包丁は必須の道具になります。




( 桜花仕様の化粧箱にお入れして発送します  )



料理の技・美を極めた料理人さんには魅力的で、手にすると必ず満足して頂ける 弊社自慢のの包丁となります。

ご自身用には勿論、勤続・記念日・ご開店のお祝いなど各種ご贈答品としても大変ご好評を頂いております。


昔ながらの製法で、熟練の職人が1本1本手作業で作りあげます。
抜群の切れ味はもちろん、砥石に刃が当たり易いとプロの方々にご好評を頂いております!


また、
新規ご開店・各種記念日やお祝事などのご贈答品にお使い頂く場合も多くございます。
贈られた方にも大変喜んで頂いております本格プロ仕様の包丁です。ギフト包装も承りますので是非ご利用ください。



この商品は、
受注生産品ですのでご注文順にお作りし順次発送しています。
発送まで通常で1~2ヶ月、ご注文多数時は2ヶ月以上かかる場合がありますのでご了承の上ご注文下さい。



<柄について>

※ 柄の水牛部分の色は通常黒系となっておりますが、ごく稀に茶系や白系が混ざる場合があります。天然素材につきご了承下さい。 ※柄全体につきましても、木材の木目や節・水牛角の線や色の出方が1本1本違います。同じ材でも使う部分によって個性が出ます。特に木目部分につきましては、全ての柄の表情に個性や風合いが様々です。2本と同じ物は無いそれぞれの個性としてご理解頂きまして、割れやひび等以外の返品交換は出来かねますのでご了承願います。


--------------------------------------------------------------
この商品の銘切(名入れ)は、承る事ができません。予めご了承願います。
--------------------------------------------------------------

多様な 源泉正 [IZUMIMASA] 白鋼本焼 桜花鏡面仕上ふぐ引包丁 尺寸 (300mm)-柳刃包丁

2
コメント

2016年08月08日

多様な 源泉正 [IZUMIMASA] 白鋼本焼 桜花鏡面仕上ふぐ引包丁 尺寸 (300mm)-柳刃包丁

2
コメント